絶唱 湊かなえ

阪神淡路大震災に被災した4人の女性を主眼に書かれている、短編4連作。
なんの前情報もなく、湊さん独特の毒を期待して読んだので、ある意味期待はずれ。でも先入観をなくして考えれば、色々考えさせられる良い物語でした。

湊かなえさんは多分私と同年代ですね。
震災があったのは今から約20数年前。私は広島に帰郷してたので被災してませんが、その1年前までは大阪に住んでいたので、他人事とは思えずとてもショックだったのを思い出しました。
西宮には友人が住んでおりよく遊びに行ってたので。

作者自身も被災されて、実体験も入っているのかな?

トンガって国、ほとんど馴染みないけど行ってみたくなった!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA